寒波による影響で野菜が高騰!

寒い冬を乗り切ろうと多くの消費者がストーブなどの暖房器具、保温グッズと共に、温かい鍋を囲もうと言うことで鍋料理用の野菜を買い求めてもいます。(笑顔)。それにより野菜の需要が大幅に伸びています。そして、野菜の価格を高騰させる原因にもなっていると言うことです。(汗)。これも価格を高騰させた原因と言われています。

(汗)東京にある大手電気店のヨドバシカメラがありますよね。ここでは、電気ストーブの売上が例年の2倍と言うことです。特に首都圏で初雪を観測して以降は、急激に売り上げが伸びたと言います。(笑顔)。<大手スーパーの西友の場合>※手袋が前年よりも2.5倍売れたと言います。※長靴が2倍売れています。

その一方でスーパーでは鍋料理に多く使われる白菜、水菜などの野菜の売れ行きが前年よりも3割も増えたと言います。こうして見るとわかるように、寒くなればなる程、こうした冬野菜の売れ行きは伸びることになります。(汗)こうした需要がある中で、反面寒波の影響により野菜の生育が遅れてしまっています。野菜の出荷量が減ってしまったと言うことです。

需要は、あるのに商品がないと言うことで、当然、野菜の価格は高騰していしまいますよね。特にキャベツ、レタス、大根の価格が高騰します。このようにして天候により野菜の価格は大きく影響を受けてしまうと言うことです。(汗)